過度のストレス

今は多くの人が少なからずストレスを抱えていると言われる時代です。

仕事でも忙しい上に重要なポストを任されたりするもので、
抱えるストレスは年齢が高くなるにつれ大きくなる傾向にあります。

また、家庭でも家族関係、親戚関係でのトラブル、
育児の悩みなどいろいろと抱えるストレスは多いものです。

ストレスによる影響というと円形脱毛症などが一般的に知られていますが、
実はセルライトも過度のストレスが引き起こしてしまうことがあるのです。

私達の身体は、寝ている時やリラックスしている状態には副交感神経が優位になり、
仕事をしている時、運動をしている時など
活動している時には交感神経が優位に働きます。

このバランスが保たれている状態がベストです。

ですが、過度のストレスを感じてしまうと、
交感神経ばかりが優位になってしまうのです。

これが自律神経の乱れというものです。

交感神経ばかりが優位に働くと、
血管は収縮し血液の流れが悪くなってしまうのです。
これにより溜まってしまう老廃物が脂肪と結びついてセルライトとなるのです。

また、ストレスを感じるとストレスホルモンと言われる
コルチゾールという成分が大量に分泌されるようになります。
これは脂肪を燃焼する働きを弱めてしまい、
脂肪がつきやすくなってしまうのです。これも原因の一つです。

また、人によっては、ストレスを解消するために暴飲暴食をする方もいます。
それも脂肪が溜まってしまう原因で、つまりこれもセルライトの原因です。

続きを読む

ホルモンバランスの乱れ

セルライトができてしまう原因の一つとしては
ホルモンバランスの乱れによるものもあります。

ホルモンバランスが正常な時は体調も良いものですが、
ホルモンバランスが乱れてくると、急に具合が悪くなったりするものです。

よく女性は更年期障害で悩まされることもありますし、
生理で具合が悪くなる事もあります。

それはまさに閉経によりホルモンバランスが乱れたり、
排卵から月経にかけて身体の中の女性ホルモンの分泌量が変化するためなのです。

体調不良にはいろいろな原因がありますが、
血液やリンパの流れが悪くなっているということもあるのです。

また、ホルモンによっては脂肪を蓄えようとするものもあります。
それにより脂肪も付きやすくなってしまうというのも原因の一つですし、
それとともに血液にも脂肪分が溜まってしまう
高脂血症に陥ってしまう事もあります。

そうなるとドロドロ血液になるため、
それも加わってセルライトができやすくなってしまうのです。

女性によってはピルを飲んでいる方もいるかと思います。
これはホルモン量を調整するものですので
これによっても具合が悪くなったりしますし、当然セルライトができやすい環境にもあります。

もちろんホルモンバランスが乱れてしまう原因はそれだけでなく、
ストレスなども関係してきます。
かといって、ホルモンバランスの乱れを防ぐというのは非常に難しいものです。

生活習慣を正したり食生活の改善も多少の緩和になります。
ただ、どうしようもない場合には、セルライトができやすいということを認識し、
よりセルライトができているかを特にチェックしてみるといいでしょう。

続きを読む

脂肪分・カロリーの多い食品の過剰摂取

セルライトができてしまう原因としては
脂肪分・カロリーの多い食品の過剰摂取も一つの原因となります。

セルライトには4つのタイプがありますが、
その中で一番多いのが脂肪細胞が肥大してしまう事で
できる脂肪型セルライトです。

また、その脂肪型が悪化したタイプが繊維型セルライトです。
脂肪が肥大化してしまうのは、まさに脂質の過剰摂取です。

私たち人間は、食事などでエネルギーを摂取し、
基礎代謝(呼吸や体温調整、内臓の活動に使うエネルギー)や
生活活動代謝(運動など)によりエネルギーを消費していきます。

この際、消費されなかった摂取エネルギーは、
エネルギーが不足した時のために脂肪として蓄えるようになるのです。

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが良ければいいのですが、
摂取エネルギーの方が非常に多くなってしまうと、
どんどん脂肪細胞が大きくなってしまうのです。
これが非万へとつながるのです。

摂取エネルギーはどんな食品を食べても同じということではなく、
やはり脂肪分やカロリーの多い食品の方が多くなってしまいます。

しかもこれを過剰摂取すればどんどん脂肪も蓄積されてしまいますし、
血液中にも脂肪が入り込みドロドロ血液となってしまうのです。

それにより肥大した脂肪細胞+ドロドロ血液による老廃物が溜まるという条件が揃い、
セルライトもできやすくなってしまうのです。

若い頃なら肉類を多く摂取しても基礎代謝が高いので、
脂肪も蓄えられないのですが、どんどん基礎代謝が低下すると、
同じ食生活でも太りやすく、セルライトもできやすくなるので注意しましょう。

続きを読む

タバコを吸う

セルライトができてしまう原因は脂肪細胞の肥大化と言われていますが、
根本的な原因は血管やリンパ管の流れが悪くなって、
老廃物が蓄積されてしまう事が原因です。

皮下脂肪は誰にでもあるもので、何も脂肪細胞が肥大化していなくても、
老廃物が蓄積されていると、
それと脂肪が結びつくことでセルライトができてしまうのです。
ですので、血管やリンパ管の流れが悪くなる要因があればそれでセルライトができてしまうのです。

血管やリンパ管の流れが悪くなり、
セルライトができやすくなる原因としてはタバコがあります。

タバコが身体によくない、肺がんのリスクが高まる、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす、生活習慣病になりやすい、
などというイメージがありますが、
セルライトとは無関係だろうと思う人も多いでしょう。

ですが、タバコがこういった悪影響を及ぼすのは、
ニコチンにより血管が収縮してしまう、
ドロドロ血液になってしまうことが原因と言われます。

血液の流れが悪くなってしまうことで身体に老廃物が溜まり、
それが脂肪細胞と結びついてしまうのがセルライトができる仕組みです。

ですので、タバコもセルライトができてしまう原因なのです。

もちろん、セルライトができるからタバコを止める、
というのもいい事ではありますが、前述にもあるように、
タバコによる悪影響はセルライトだけではありません。

むしろセルライトは命に直接関係するものではありませんが、
タバコの害による病気は命の危険もあります。
ですからタバコは今すぐにでもやめるのが健康にも美容にもいいのです。

続きを読む

運動不足

セルライトができてしまう原因はいろいろ考えられますが、
運動不足も大きな原因の一つとなっています。

セルライトは年齢が増してくるとできやすいものですが、
それは基礎代謝が低下して脂肪がつきやすい体質になってしまう事が原因です。
それ加え、若い頃のように運動もしなくなってしまうものです。
それも脂肪を増やす原因になってしまい、セルライトができやすくなってしまうのです。

脂肪は消費しなかったエネルギーは脂肪として蓄積します。
そのため、摂取したエネルギー(カロリー)が多すぎると、
どんどん脂肪に蓄積され、脂肪細胞が肥大化してしまうのです。

それにより血管やリンパ管が圧迫されるので
老廃物が排出できずにセルライトになってしまうのです。
これが、しっかり運動をしてエネルギーを消費していたなら、
脂肪細胞が大きくなる事はなく、セルライトになる事もないのです。

働き始めると、学生の時のように運動をしなくなるものです。
ですので、セルライトができやすい環境となってしまいます。
セルライトができてしまうとなかなか落ちないといわれますが、
ただセルライトができ始めであれば、運動をすることで解消することもあります。

ただ、運動をすると言っても、
がむしゃらに汗を流せばいいというわけではありません。

脂肪があるという方は脂肪を燃焼してくれる有酸素運動を、
それほど太っていないという方は基礎代謝を高めるための筋肉トレーニングなども有効です。
まずは気分転換も兼ねてウォーキング程度の有酸素運動を始めてみるといいでしょう。

続きを読む

半身浴

セルライトが出来てしまうのは、
血液の流れが滞ってしまっていることが原因の一つです。
そのため、血行を良くする方法としては
お風呂にゆっくり入るというのも大切なことです。

そこで足などセルライトが気になる部分を
マッサージすればより効果があります。

マッサージは通常時におこなうと、
細胞を壊してしまう危険性があるので、
優しくマッサージしないといけません。
ですが、お風呂に入ることで肌も柔軟になるので多少強めにしてもOKで、逆にほぐれやすくなります。

また、お風呂に入って温まることで、血管が拡張され血液に流れ、
リンパの流れも良くなります。それにより滞っていた老廃物も排出されるというわけです。

ですが、お風呂に長時間入るというのが苦手な方もいるでしょう。
疲れてしまうという方もいます。

また、熱いお風呂に入ってしまえば、
汗をかきすぎてしまうため血液中の水分量が減り、
ドロドロ血液になってしまうのです。

ドロドロ血液は逆に老廃物が溜まりやすくなるので、
せっかくセルライトができないようにしたことが、
逆効果になってしまうことがあるのです。

また、熱いお風呂は交感神経を刺激し、目が覚めてしまい、
なかなか寝付けなくなり睡眠不足になってしまうこともあります。
これもゆくゆくはセルライトができる原因となってしまうのです。

ですので、そういう場合には半身浴をすることがオススメです。
半身浴なら長時間の入浴も可能でしょうし、リラックス効果も高まります。

続きを読む

自分でマッサージ

セルライトの消し方としては、エステサロンに行ったり、
病院やクリニックに行って消すという方法があります。
この方が確実で綺麗になる可能性は高いです。
それそれの詳しいセルライト除去の方法は
コチラ⇒http://www.cellulite-jyokyo.com/houhou.html

とはいうものの、エステやクリニックに行くには時間も手間もかかりますし、
費用もかかってしまうものです。
それでも酷いセルライトの場合はそう簡単に消せるものではないので、
それも致し方ないかと思いますが、
まだセルライトのでき始めなどは自分でケアできれば、と思う方もいるでしょう。

自分で行うセルライトの消し方としては
自分でマッサージしてみるというのも一つの方法です。

セルライトが出来てしまう原因は脂肪と溜まった老廃物が結びつくことです。
老廃物を排出するには、血液やリンパの流れをよくしないといけません。
滞っている流れを良くするのがマッサージです。

自分でマッサージする際の注意点としては、あまり強くマッサージしない事です。

セルライトは自分からしてみれば憎いものです。

これがあるために醜い肌になっていると思うと、
ついつい力が入ってしまいがちです。
そうでなくても、塊をほぐす事でセルライトがなくなるのでは?
と思うでしょうから力はおのずと入ってしまうでしょう。
ですが、あまり強くマッサージすると、細胞を壊してしまう恐れがありますし、痣になる事もあります。

また、マッサージは行う順番も重要になります。
基本としては心臓の方に向かっていくようにマッサージしましょう。
まずは足の裏からマッサージし、ふくらはぎ、太ももという流れで行うといいでしょう。

続きを読む